9つのショールームとハグミュージアムのコラボレーション企画展

テーブルコーディネイトフェア

お正月に見る日本の食文化

開催期間 2015.12.10(木) 〜 2016.1.12(火)

記念展示 2015年 ミラノ国際博覧会 日本館の展示を再現!

記念展示 2015年 ミラノ国際博覧会 日本館の展示を再現!
特別展示

12月18日(金)〜

特別展示

食卓タイトル :伝統と革新

企画制作 :阪口恵子
JTAAジャパンテーブルアーチスト協会会長
FCAJ日本フードコーディネート協会常任理事
㈱テーブルアート代表取締役

ミラノ万博の日本館にてご好評いただいたテーブルコーディネイトです。 お正月の代名詞でもあるお節料理やお雑煮は、単に和食というだけではな く、日本の歴史や伝統が凝縮された、まさに、日本の文化そのものです。

日本全国47都道府県のお雑煮と地酒

日本には季節ごとに恒例の行事ありますが、その中で、最も大切にされてきたのは一年の最初の行事、お正月。
その行事食でもあるお雑煮にスポットを当て、47都道府県の地域色豊かなお雑煮を地酒を添えて巨大な日本列島のオブジェの上にリアルに再現しました。

この展示は『2015年ミラノ国際博覧会』の日本館イベント広場で公開された実物です。

お雑煮の一例

宮城
素朴ながら具だくさんでコクがある! お餅は「焼きの角餅」
福井
株を上げるに通じるカブだけを具にする! お餅は「煮た丸餅」
香川
和三盆糖に恵まれた土地柄を映す! お餅は「煮たあん餅」
長崎
中国の食文化を日本的に融合! お餅は「焼きの丸餅」

まさに、47都道府県47色!
日本の食文化が一椀に凝縮された和の物語。
お雑煮の餅、汁、具材それぞれの意味や組み合わせには、
なるほど!と感心する由来やルーツを学ぶことができます。

所蔵:JATTジャパンテーブルアーチスト協会

大阪ガス株式会社は、12月10日から翌年1月12日まで、食と住まいの情報発信拠点「ハグミュージアム」にて「第2回テーブルコーディネートフェア〜正月に見る日本の食文化〜」を開催いたします。

当協会は、第1回目に引き続き、今回も協力いたし、ハグミュージアムにて、ミラノ万博日本館イベント広場に展示しました「日本各地お雑煮とお酒」と「お正月の食卓」を展示いたします。また、1月10日は、お正月の行事食お節料理・特徴あるお雑煮のセミナーと香川県に伝わるあん餅雑煮の試食を実施いたします。
世界的に注目を浴びている和食。お正月の行事食、お節料理とお雑煮は日本の食文化の基本であります。この機会に、郷土の産物がかかわった地方色豊かなお雑煮を視覚で楽しんでいただきながら、日本の食文化の原点を探ってみてはいかがでしょう。

また、今回の「テーブルコーディネートフェア」は、「日本各地のお正月の食卓」をテーマに、ハグミュージアムとその他、JR大阪周辺にあります9社の住宅設備機器メーカーショールームで「新年の食卓」を演出・展開いたします。日本列島のお正月を巡っていただき、各地のお正月の食文化に興味を持っていただければ、幸いに存じます。
皆様のお越しをお待ちいたしております。                    

日 時 :2015年12月10日(木)〜2016年12月12日(火)

会 場 :ハグミュージアム(大阪市西区千代崎3丁目2-59)

主 催 :大阪ショールーム会

監 修 :阪口恵子